運動療法について


痛みの原因は患者さまによって様々です。骨の変形があったり、軟骨が減っていたり、外からの外力で怪我をして痛みが出る場合もあります。そして痛みの原因の一つに筋力低下があります。

例えば腰痛の方は、腹筋と背筋の筋力が低下していることが非常に多いです。

コルセットをして楽になるのは、コルセットでお腹を締め、腹圧を高めることで腰を支えているので、コルセットをしているときは一時的に楽になります。

しかし、常にコルセットをして生活していると腹筋と背筋が弱くなり、いつまで経っても腰の痛みが取れない・・・。悪循環となってしまってます。

整形外科に勤務していた時にも、痛みの強い患者さまには一時的にコルセットをしてもらいましたが、痛みが治まってきたら必要な時以外はコルセットを外してもらい、腹筋と背筋の筋力トレーニング方法を伝えておりました。

しかし、なかなか続けてトレーニングできない方が多いのが現状でした。

その経験を踏まえ、当院では必要な方には治療と一緒に運動療法や筋力トレーニングを積極的に提案しています。

※スポーツジムのような激しい運動は行いません。

また当院では、可動域訓練を行なっております。

対応できる主な症状

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 骨折、捻挫後の可動域訓練
  • 五十肩
  •   など