こんにちは。がく鍼灸治療院の山本です。

最近東京ではコロナウィルスの感染者がまた増えているので、
第2波が来るのかとても心配です。
とにかく感染をしない、拡めないように予防を徹底していきます。

さて、先日お昼ご飯を食べに、久しぶりに外食したんですね。

パスタを食べたんですが、(ペペロンチーノ)

久しぶりの外食もあってかすごく美味しかった。

それで、食べながらふと思ったんです。

作り手の気持ちというか、美味しく食べてもらいたいとか、

そういう気持ちって伝わるんだなぁと。

よく、気持ちを込めて作ると美味しくなると言いますが、

正にそれでした。

これ、どんな物事でも言えることだと思うのですが、

相手に対してどんな気持ちで接するかで

伝わり方って違うなと。

家族であれ、上司や部下であれ、友達であれ、

自分の気持ちの持ち方(接し方)で相手の出方も変わりますよね。

そんなこと当たり前だ!

と突っ込まれそうですが。

けど、最近のコロナ禍で、

人と人の距離が遠くなった。

物理的にもだし、もしかしたら精神的にも離れてしまった。

だからこそもう一度思い出して、

「自分のサービスを受けてくれる人に、

どんな気持ちになってほしいか」

ということを、しっかり想像し心に留めて、

仕事をしていきたいなと

改めて感じたお昼ご飯でした。

また、あのパスタは食べにいきたいです。

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

P.S 

僕の仕事の場合は、

痛みを抱えている方や、

日常生活に支障がある方が多いので、

「目の前の患者様にどうなっていただきたいか」

「生活の質(QOL)向上のために何ができるか」

ということを、

今一度心に留めて施術にあたっていきたいと思います。

今はもちろん、そこに

「感染予防」というキーワードもありますね。

「手洗い・換気・消毒」は徹底して行なっていきます。

P.P.S

パスタの写真を撮っておけばよかったです。

次回は忘れずに撮ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA